SWEETRAIN★ぶろぐ★
同人ゲーム製作サイトのブログ。現在はシスグラ配布サイトだけどね…
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2016/11/25(金)   CATEGORY: ゲーム製作
CV担当者様発表
2週間弱の募集期間と1週間程度の選考期間を終え、やっとCVをお願いする方を決めることが出来ました。
どんな選考を行ったのか……本当はなんかすごく生意気だし書きたくないんですが、
やはりどんな選考だったのかが気になる方もいるようで、何度か選考後にお問合せメールをもらったこともあるので
今回はこちらに選考基準(?)を結果発表含め、挙げさせていただきました。
気になる方はご覧くださいませ。


【ヒューマノイド -INFRUENCE FLOWER-】
募集①:部下役 梶之介 様
キャラ絵があったこともあり、キャライメージはほぼ皆さん同じ感じだったようで、
他の募集に比べ、声の高さや演技の雰囲気は同じようなところでせめぎ合っておりました。
そのため、その中からお一方を選ぶためには、何を判断材料にするか……本当に悩みました。
演技の良しあしはもちろんなのでしょうが、それだけでは決められない程、高いレベルで均衡している。
そこで最終的に私が考えたところは彼が『悪い組織のトップの付き人』だという事。
この度、選ばせていただいた梶之介様は応募いただいた方々の中では比較的若い年齢設定で演技いただけているように感じました。
それが相まっての事なのか、どこか淡白な雰囲気があり、
知性を感じさせながらも、自分自身が悪だくみをするような首謀格キャラではなく、
あくまでトップに認められるような”付き人”なのだろうと感じられました。
とても少ない情報提示の中、ここまでこちらが求めていたものに雰囲気を合致させていただけた事は大きな決定要因でした。
もちろん、この決定の根底には確固たる演技力があり、他の方々に埋もれない光るものがあったからこそできた決定でもあります。
消去法ってどうやるんだっけ?と考えてしまうほど、全員が全員、最終選考に残っているような状況だったこちらのキャラの選考。
誰を選んでいてもおかしくはなかっただろう状況であった事だけはお伝えしておきます!

募集②:執事役 イサキチ 様
こちらのキャラはキャラ絵もなく、作中でのセリフ変更も楽にできるキャラだった事もあり、自由にキャラメイクしての応募をお願いいたしました。
その事もあり、かなりイロイロな執事さんに出会うことが出来ました。
年齢層はおそらく10代後半~60歳くらいまで。眼鏡をかけているだろう人。髭が生えているだろう人。神経質っぽい人……などなど。
たった二つのセリフからいろいろなキャラクターが見えてきて、本当に驚かされました。
同じキャラを募集しているにも関わらず、こうも違うパターンをお聞かせいただけた事は本当に嬉しかったです!
でも、それゆえに選考が難しかったのも確かでした。正直、どの方もハマる……
そして、キャラクターが簡単に思い描ける程の演技ですので、演技に全く無知な私では技術面での選考などもちろん不可能。
どうすべきか……と、何度も何度もただひたすらに声を聞かせていただきました。
そんな中で選ばせていただいたのがイサキチ様です。
イサキチ様の演じてくださった執事には”自分の思いをはっきりと言える気の強さ”があると感じました。
選考セリフ2にあったように、この執事には『主人に意見する』というシーンが用意されています。
ですので、立場を超え、きちんと自分の思いを言えるだけの気の強さを感じられることは必須でした。
もちろん、セリフ2で気の強さを感じとれる方は他にもいらっしゃいました。
が、イサキチ様の執事には、セリフ1の段階から”彼なら自分の意見をはっきり言うだろうな”と感じさせられました。
一貫しての気の強さを感じさせてくれたことで、セリフ2が職務としての進言ではなく、自分の思いからくる意見なのだと感じさせられ、とても好感が持てました。
ゲームが『想いの強さ』もテーマとしていたこともあり、そこを重視させていただきました。

【スマイル0円】
募集:片瀬桃哉役 銀 零煌 様
実はこのキャラ、CVをお願いするのは3回目、募集においては2度目となります(^-^;)
まぁ、その理由はご察しください。
で、そういうこともありまして、本当に慎重に選ばせていただきました。
普段は応募メールの文面など、必要事項さえ書いてあれば特に気にしない所なのですが、
こちらの作品に関してだけは、たった一言でも思いが添えられている事は実はプラスに働いております。
が、もちろん、サンプルボイスは平等な気持ちで拝聴させていただいたつもりでおります。
上の書きました『プラス』はCVをお願いする方を一旦決めた後、
お願いするにあたり、私自身への安心のプラスになり、最終決断を下せているという事だとお考え下さい。
ですので、選ばせていただいた銀 零煌様においても、
もちろん選考自体にはそんな付加点なく、選ばせていただいております。
桃哉の募集は中~高音域での募集だった事で幅の広い応募がいただけました。
セリフは怒りと照れの2種。
演じる事を知らない当方では、怒り方も照れ方も一通りしかないのだろうと思っていたのですが
微妙に言葉にかかている熱量が違うというか…すごく怒ってる桃哉もいれば、呆れ気味に怒っている桃哉もいて…
でも、どの桃哉をとっても、きっと『彼』になるんだろうなぁと思えました。
なので、誰を選んでも間違いはないと思えるこの選考も、他の募集同様、最終判断に至るまでは苦難を強いられました。
では、どこをもって銀 零煌様に決定したのか…
まずは、桃哉がファーストフード店の店員だったので、「いらっしゃいませ!」の声が気持ちよく店内に響きそうなイメージを受けた事。
それと、息遣いの綺麗さでした。
声の演技の事など本当に何も知らないので、一般人が聴いただけの感想なのですが、
息を吸う音、吐く音にきっちりと表情があるように感じられ、これも表現の一部なのだとはっきりと認識させられました。
CD音質でお届けしたくなるような丁寧さが既にサンプルボイスにありました。


以上、お前何様だよってくらい生意気にイロイロ書いてますが、
よく読むと思いっきり企画主の主観によるただのキャライメージ重視選考ですね(^-^;)
でも、本当にどう選べばいいか分からなかったんですもん!!
応募総数は部下さん14名。執事13名。桃哉11名と1日で十分に聴きおおせる人数でしたが、まったくもって決まらなかった…
決めた今でも、決定には自信をもっていますが、他の方々をこのまま逃してしまう事が悔しくてなりません!ハイ、欲張りです。分かってます(=_=)
でも、本当に自分にすぐにでも新作を用意できる体力があれば「貴方のために書きますので待っててください!」と言いたいくらいでした。
ボイドラ企画者様方がアクティブに活動されているのも、こういう所に力の源があるのかなぁとも思いました。
依頼とかほんとしたい……依頼する勇気のないヘタレだけど……次は依頼でお願いしたい方、今回も多数いらっしゃいます!!
でも、きっと自分の作品ごときに時間を割いてもらうのが申し訳なくて依頼は出来ないんだろうなぁ…なんてことも思ってたり(´;ω;`)
なので、今回、選ばれなかった方!貴方もこっそりと狙われているのでうちの応募があった際にはぜひ、再度チャレンジお願いすます!!
これ、心からお願いしてます!!
よそ様のようないい作品を書ける自信はないけど、ぜひ時間が許せばよろしくお願いいたします!!!!
是非です!!!!
……って、最後に懇願ってどんな応募だったんだよって感じですね(^-^;)
でも、本当に今回もたくさん個人的には得るものがあった募集でした。
皆さま、本当にありがとうございました。
貴重なお時間を割いてのご応募、本当に感謝いたします。
また、新しくご一緒できるようになったキャスト様方。
どこをとっても力不足な企画者なんですが、他の協力者様方はとても素敵な方ばかりです!!
ぜひ、これからよろしくお力添えお願いいたします!!
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © SWEETRAIN★ぶろぐ★ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。